Home > 政治学・行政学・国際関係論書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は8% 税込みです。

ジャンル 政治学

リレー講義
世界からみたアジア協同体

渡辺啓貴編

定価1,944円/本体1,800円)
四六判上製本296頁/ISBN4-7556-1268-8

世界においてアジアの占める比重は益々増大し,アジア地域全体の行く末は国際社会の大きな関心事となっている。こうしたなか,アジアが安定し,世界的な影響力を確実にしていくには,地域統合を通じた強い団結と連帯が不可欠である。そのような意味から「アジア共同体構想」は,アジアのめざす将来像である。本書はアジア共同体についての論点を整理し,議論の活性化を図る。

序 章 「アジア共同体」をめぐるアプローチ 渡邊啓貴
第1章 東アジア共同体構想と日本の立場 伊藤憲一
第2章 いま、なぜアジア共同体なのか 鄭 俊坤
第3章 アジア共同体に反対する 吉野文雄
第4章 ASEAN共同体と東南アジア経済の発展 宮田敏之
第5章 東アジア共同体と大国 羽場久美子
第6章 アジア共同体とヨーロッパ統合 渡邊啓貴
第7章 東アジアの安全保障環境 滝田賢治
第8章 ASEANと中国、東アジア共同体 井尻秀憲
第9章 歴史にみる日中によるアジア地域協力の試み 高 文勝
第10章 日韓関係を考える 丹羽 泉
第11章 ベトナムからみたアジア共同体 五島文雄
第12章 中央アジア共同体の可能性 松長 昭
第13章 アジアを目指すロシア 名越健郎
第14章 日本の文化外交とアジア共同体 渡邊啓貴
第15章 アジア地域共同体と日本 山本吉宣

政治学・行政学・国際関係論書籍一覧へ HomeHome