Home > その他の人文・社会科学書書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は8% 税込みです。

ジャンル 教育学・歴史教育

カバー写真 社会科教育課程の歴史的研究
ー古代史教材の分析と社会科の現代的課題を考察するー

壽福隆人著

定価2,700円/本体2,500円
A5版上製本/312ページ/ISBN978-4-7556-1299-2
2019年3月発行

◎聖徳太子はなぜ英雄になったのか
◎歴史教科書が明かすその真実

明治中期,国家主義の教育が推進されていくなかで,日本人の不動の英雄「聖徳太子」が学校教育のなかで意図的に作り出されていったことを明らかにする。このことは,教材をひとつひとつ丹念に検証し直すことから教育課程研究は始められなければならないとの考えから解明された。また,「学校の荒廃現象」といわれた時代に遡り,教育課程研究の意義を考える。歴史教育・社会科教育の諸問題に切り込み,教育課程研究のこれからの課題をも明らかにする。

第1章 歴史教育課程における史的研究の重要性
    −問題提起として−
第2章 教育の「技術論」考察
    −「技術論」隆盛をもたらした教育学・教育課程研究の停滞−
第3章 教育課程史研究における史料
    −歴史教材研究の方法論−
第4章 教育課程史の実践的研究
    −『国史略』の分析を通して明治初期古代史教材を考察する−
第5章 聖徳太子教材の成立
    −教育課程はどのようにして創られ,歴史教育に災いするか−
第6章 教育課程を歪める学校教育の現状
    −高等学校「日本古代
    史」学習を例として−
第7章 教育課程の現代的課題
    −真の学力の育成を目指し静かなる崩壊を防ぐために教科書教材改革の必要性を考える−
第8章 文化財保護と歴史教育の連携
    −歴史教育のあり方を考え,改善を目指す−
第9章 「身近な問題」としての歴史教材の開発
    −教育史上の民衆に関する史料を教材として開発していくうえでの課題−
第10章 新しい教材の開発を目指す史料の発掘
    −古代日本における塩と瓦の関係についての研究−
第11章 文化財保護活動に関する調査報告
    −世界遺産「ヨーク大聖堂」を持つヨーク市を舞台とした文化財保護活動と社会科・公民・歴史科教員の養成−
第12章 中高一貫教育と高大
    一貫教育における教育課程−高等教育機関はいかに対応すべきか−
第13章 高等教育におけるボランティア活動プログラムの研究
    −世界遺産プレアビヒアを題材として−

著者紹介
壽福隆人(じゅふくたかと)
 1955年生まれ
 日本大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学
 現在 日本大学法学部教授
著書
 『日本古代史教材開発−古代生産技術教育史と河川型歴史教材−』梓出版
 『教育の方法・技術論教育の方法及び技術論』日本大学通信教育部
 『歴史教育の課題と教育の方法・技術』DTP出版
 『日本教育史』(共著)玉川大学出版部
 『日本民衆教育史』(共著)梓出版
 『教育政策・行政』(監修)弘文堂
 『現代教職論』(共著)弘文堂

その他の人文・社会科学書書籍一覧へ HomeHome