Home > 法律学書籍一覧 > 書籍一覧 
★定価は8% 税込みです。

ジャンル 法律学

カバー写真【訂正箇所】
平成29年改正民法の施行(令和2年4月1日)により商法573条の条文が改正されるため以下のように訂正致します。なお,令和2年3月末日までは,現在の表記で間違いはありません。

第11講134頁4行目
訂正前 (商法573条2項)。
訂正後 (商法573条2項。平成29年改正民法の施行(令和2年4月1日)後は削除。民法536条1項参照)

第11講134頁6行目
訂正前 (商法573条3項)。
訂正後 (商法573条3項。平成29年改正民法施行後は同条2項)

ビジネス法務の理論と実践

松嶋隆弘・鬼頭俊泰編著
石井美緒/内田 暁/漆畑貴久/帷子翔太/金澤大祐/品川仁美/高岸直樹/高橋めぐみ/武田典浩/深澤泰弘/堀野裕子/松井丈晴

定価2,970円/本体2,700円
A5判並製本/386ページ/
ISBN978-4-7556-1303-6
2019年7月発行

企業の事業活動にともなって発生する法律問題は多く,また,多くの法律領域にまたがっていることも多い。こうした状況からか,近時わが国において企業のコンプライアンスの重要性は増している。しかし,発生する法律問題は少なくなるどころかむしろその数を増加させているようにもみえる。 これまで,ビジネス法に関する書籍は,多数の執筆者によって編まれたため,書籍全体の統一感に欠けているだけでなく,学生向けの書籍と銘打ちながら,専門的な内容,換言すると学生にとっては冗長で情報過多な執筆内容となっているものが散見される。「ビジネス法」という多くのトピックを網羅的かつ平易に知ってもらうという科目特性からすると,そこで用いられるべき教科書は,専門性より分かり易さが優先される。 そこで本書は,広くビジネス法の領域を俯瞰することに主眼を置き,また,なるべく初学者や法学部以外の学生にとっても手を出しやすい書籍(なるべく身近な事例の活用・読みやすい文章の採用)とすることを徹底した。本書はこうした方向性のもと,ビジネス法務に関心のある中堅・若手の研究者および実務家の協力を得て,編まれたものである。

第1編
第1講 ビジネス法へのいざない(松嶋隆弘)

第2編
第2講 小売業における法律問題1 契約とは何か(高橋めぐみ)
第3講 小売業における法律問題2 消費者法による民法理論の修正(高橋めぐみ)
第4講 卸売業における法律問題(品川仁美)
第5講 電子商取引(石井美緒)
第6講 不動産業における法律問題1 不動産売買(内田 暁)
第7講 不動産業における法律問題2 不動産賃貸借(内田 暁)
第8講 建設業における法律問題 不動産建設(内田 暁)
第9講 製造業における法律問題1 耐久消費財(金澤大祐)
第10講 製造業における法律問題2 食品・医薬品・化学製品(高橋めぐみ)
第11講 ロジスティクス業における法律問題 運送・倉庫・場屋(深澤泰弘)
第12講 金融業における法律問題1 銀行(鬼頭俊泰)
第13講 金融業における法律問題2 証券・保険(深澤泰弘)
第14講 サービス業における法律問題1 人材業(堀野裕子)
第15講 サービス業における法律問題2 仲介業(鬼頭俊泰)

第3編
第16講 企業法務の意義(松嶋隆弘)
第17講 コンプライアンスとリスク管理(武田典浩)
第18講 ビジネスと企業組織1 コーポレート・ガバナンス(品川仁美)
第19講 ビジネスと企業組織2 M&A(武田典浩)
第20講 ビジネスと企業組織3 コーポレート・ファイナンス(高岸直樹)
第21講 ビジネスと企業組織4 企業と従業員(労務管理)(松井丈晴)
第22講 企業取引1 債権管理・回収(帷子翔太)
第23講 企業取引2 与信取引と担保(帷子翔太)
第24講 企業取引3 取引決済(松嶋隆弘)
第25講 企業取引4 公正取引の確保(鬼頭俊泰)
第26講 ビジネスと知的財産権(石井美緒)
第27講 紛争の処理(金澤大祐)
第28講 ビジネスと租税(高岸直樹)
第29講 企業と犯罪(漆畑貴久)
第30講 企業の倒産処理(金澤大祐)

編者紹介
松嶋隆弘(まつしま・たかひろ)日本大学教授・弁護士(みなと協和法律事務所)
鬼頭俊泰(きとう・としやす) 日本大学准教授


律学書籍一覧へ HomeHome